火傷とその対処方法

施術中のやけどはなぜ起こる?

全身脱毛に関わるトラブルはいくつかあるのですが、一番起こってほしくないトラブルが、やけどです。やけどになると施術中止しなければいけないだけでなく、最悪跡が残ってしまいますので、絶対に避けなければいけないトラブルです。ではなぜやけどが発生してしまうのかというと、それは、熱を利用して脱毛をしているからです。脱毛サロンで採用されているフラッシュ脱毛も、クリニックで行うレーザーも、熱の力を利用して細胞破壊して抜けるようにしています。 そのため、どうしても熱が発生してしまい、火傷をするリスクを完全に取り除くことができません。施術の仕方や肌の状態などによってやけどをしてしまうため、お店だけでなく自分で脱毛する際にも十分に注意しなければいけないポイントです。

どうすると対策ができる?やけど時の対処法は?

まず、もし施術をしてもらいやけどが発生したら、とにかく冷やすようにしてください。やけどは冷やすことで症状悪化を防ぐことができます。それ以上症状が大きくならないようにするためにも冷やすことが大事です。そして必ず医師の診断を受けて治療してもらいましょう。お店によって応急処置程度で終わらすところもあるのですが、それだけではダメです。跡ができるだけ残らないようにするためにも早急に治療開始することが大事ですので、迷わずに皮膚科に受診しましょう。 そして脱毛時に発生するやけどは、施術する前に何をしたのかで可能性が大きく変わります。肌にメラニンが多く含まれてしまう日焼けは当然避けなければいけませんし、肌状態が変化する生理中も避けることがおすすめです。やけどはどうしても完全回避ができないため、やけどが発生した時の対処方法を覚えておきましょう。

© Copyright Easy Body Hair Removal. All Rights Reserved.