女性にとって毎日の無駄毛の処理というのはとても大変なものです。そんな無駄毛の処理から解放されるということで全身脱毛が人気となっていますが、後悔しないためにも行う前に知っておきたい情報について紹介します。

全身脱毛を行う場所

全身脱毛を行う場合には脱毛サロンかクリニックに通うのが一般的ですが、どこでも良いというわけではありません。全身脱毛は肌トラブルが起きる可能性もあるため、もしもの場合に備えてどんな場所で行うべきか紹介します。

カウンセリングがしっかりと行われているかどうか

脱毛がはじめての人にとって、どんなところで施術を受けたらいいのかわからない場合が多いです。申し込みをする決め手のひとつとして、カウンセリングが適確かどうかの判断をする人が少なくありません。特に全身…

実績のあるスタッフが揃っているかどうか

脱毛をおこなっているところによって脱毛の効果が違っています。代表的なのがサロンとクリニックの違いで、光脱毛とレーザー脱毛でメリット・デメリットが異なり、脱毛効果も違っています。同じ脱毛サロンでもお…

肌トラブルが起きた際の補償制度がしっかりしているかどうか

脱毛サロンで全身脱毛を行う場合には、契約前に万が一肌トラブルが起きた際の補償制度がしっかりしているかどうか見極める必要があります。最近では、顧客の信頼を得るために、術後に肌の火傷や腫れなどのトラブ…

全身脱毛による肌トラブルの対処法

全身脱毛は普通の脱毛?

全身脱毛は顔を除く全身を対象とした脱毛です。通常の部分的な脱毛と違いまとめて脱毛することができます。

浮腫とその対処方法

点状にむくむことはよくある

あまり知られていませんが、全身脱毛の施術をおこなった跡が、むくんでしまったり赤くなることは少なくありません。通常手や足などの場合にはそれほどひどくはならず、翌日には浮腫による腫れや赤みは引きます。しかし、部位によっては残ってしまうこともあるため注意が必要です。特に残りやすいのは皮膚がデリケートで濃い毛が豊富に生えるところで、脇・ヒゲ・VIOなどが挙げられます。炎症性浮腫と呼ばれる症状で、点状にむくむため、湿疹と勘違いする人も少なくありません。医療機関のレーザー脱毛でよく起こる症状ですが、肌が敏感な人はエステサロンで脱毛を行ったときにも、発生する可能性があるため、施術を受ける前に十分な注意が必要です。

たいていは数日で治る

医療用レーザー脱毛を受けた場合、施術が終わってから炎症止めの塗り薬を塗って様子を見ることで、治るといわれています。治るまでに3日から4日程度かかる場合もありますが、代謝率の高い若い人は比較的早く治りやすいです。治るまでは紫外線を当てないように、衣類やガーゼで患部をカバーしておくといいでしょう。施術が終了して4日以上塗り薬を塗っても治らない場合には、レーザーを受けた医療機関へ連絡してください。多くの場合にはすぐに診察をしてもらえるといいます。また、エステサロンでは冷却パックなどを使い、ハレが起こらないようにケアしていることが少なくありません。しかし、どうしても治らないときには市販の炎症止めの軟膏を塗って数日様子を見て、治らないようであれば医療機関を受診してください。

© Copyright Easy Body Hair Removal. All Rights Reserved.